【シナリオ例】cobitで繰り返し取得したファイルをGoogle Driveにアップロードする

Keisuke Kadowaki 更新日 , Keisuke Kadowaki

ここではcobitで繰り返し取得した複数ファイルをGoogle Driveに連携するシナリオの作成方法について説明します。


シナリオの完成図

繰り返しブロック内

参考ヘルプ記事まとめ

cobit

cobit Webhookコネクタ

cobit 認証コネクタ

cobit ロボット実行の成功の検知

cobit ワークファイル情報の一覧取得

cobit ワークファイルのダウンロード

Google Drive

Google Drive 認証コネクタ

Google Drive ファイルのアップロード

一般コネクタ

・一般コネクタ 繰り返し(記事作成中)

手順

  1. 事前準備
  2. イベント「cobit ロボット実行の成功の検知」の設定
  3. アクション「cobit ワークファイル情報の一覧取得」を設定
  4. アクション「一般 繰り返し」を設定
    1. アクション「cobit ワークファイルのダウンロード」を設定
    2. アクション「Google Drive ファイルのアップロード」を設定
  5. シナリオを実行する

1. 事前準備

下記の準備を事前に行います。

  1. 繰り返し処理の中でスクリーンショット、またはファイルをダウンロードするロボットを作成し、事前に1度以上実行を成功させる。
    • 今回のサンプルでは https://service.biztex.co.jp/industry/ の記事を抽出要素の繰り返しでスクリーンショットを撮影するロボットを使用しています。
    • 実行を行い成功させておきます。
  2. Google Driveでファイルのアップロード先に指定するフォルダを用意する。
    • 実際の画面にてアップロード用のフォルダを用意してください。
    • 今回はマイドライブ上のConnectテストというフォルダを利用します。

2. イベント「cobit ロボット実行の成功の検知」の設定

まずは実行したロボットの情報を取得します。

※このイベントの詳細はこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

シナリオ作成画面から、アプリ選択で「cobit」を選択

ロボット実行の成功の検知」を選択

Webhookコネクタを選択

作成方法についてはリンクのヘルプ記事を参考に設定してください。

認証コネクタを選択

作成方法についてはリンクのヘルプ記事を参考に設定してください。

基本設定でロボを選択

サンプル取得後、完了して次へをクリック

3. アクション「cobit ワークファイル情報の一覧取得」を設定

取得したロボットの情報からワークファイル情報一覧を取得します。

※このイベントの詳細はこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

「cobit」を選択

「ワークファイル情報の一覧取得」を選択

認証コネクタを選択

基本設定でワークファイル定義を選択

テスト実行後、完了して次へをクリック

4. アクション「一般 繰り返し」を設定

3で取得したワークファイル情報一覧に対して繰り返しアクションを設定します。繰り返しを作成すると、繰り返しブロックが作成され、その中に設定したアクションが繰り返されます。

「一般」を選択

「繰り返し」を選択

基本設定で繰り返し対象、ブロックを設定

「ブロックを開く」後の画面

4-a. アクション「cobit ワークファイルのダウンロード」を設定

ロボが取得したファイル分、ワークファイルの情報からファイルの実体をダウンロードします。

※このアクションの詳細はこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

「cobit」を選択

「ワークファイルのダウンロード」を選択

認証コネクタを選択

基本設定でワークファイルを選択

※候補の中で1つだけアイコンがConnectのものを選択してください。

テスト実行後、完了して次へをクリック

4-b. アクション「Google Drive ファイルのアップロード」を設定

ダウンロードしたファイルをGoogle Driveへアップロードするアクションを設定します。

※このアクションの詳細はこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

「Google Drive」を選択

「ファイルのアップロード」を選択

認証コネクタを選択

※Google Driveの認証コネクタについてはこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

基本設定でアップロード先のフォルダ等を選択

※設定方法についてはこちらのヘルプ記事を参考にしてください。

ファイル詳細を設定

テスト実行後、右上「保存」をクリック

5. シナリオを実行する

シナリオ有効化をONにした状態で対象のロボットを実行し、指定したGoogle Driveのフォルダに繰り返し取得したファイルがアップロードされるか確認して下さい。

実行後の Google Drive

※2021年10月5日時点の情報です。

How did we do?

【シナリオ例】cobitで取得したファイルをGoogle Driveにアップロードする

【シナリオ例】cobitのロボットの実行失敗時にSlackへ通知する

お問い合わせ